包茎クリニックが行う切らない治療方法とは?

包茎の治療ときくと、多くの人は陰茎を覆っている皮を切る光景を想像することでしょう。しかし、包茎クリニックでは切らない治療方法もいくつか用意されており、包茎の状態や予算に応じて最適な治療方法を選ぶことができます。

包茎クリニックでの切らない包茎の治療方法のうち、もっとも主流となっているのは亀頭増大手術です。これは、注射器を使ってヒアルロン酸などを亀頭に注入して人為的に亀頭を大きくさせることで、皮から陰茎を出しやすくし、出た状態から戻りにくくする方法です。薬剤の注入を伴う治療方法であるため手術時には痛みを伴いますが、他の方法と比較して日常生活に復帰できるまでの期間が短くて済むのがメリットです。

また、ノンカット法も包茎クリニックで受けられる代表的な治療方法の一つです。これは、余っている皮を陰茎の根本に集めて、医療用の糸をつかって縫い合わせる方法です。手術中は麻酔がかけられるので縫合時の痛みはなく、縫合した部分は陰毛で隠れるので根本より先の部分の見た目が損なわれることはありません。固定する方法には、以前には接着剤をつかった方法もありましたが、接着剤の持続性や術後の見た目に問題があるため、あまり行なわれてはいません。

一方で、従前から行われている治療方法の中には、後に皮を切らずに行える方法が考え出されるようになったものもあります。例えば、埋まっている陰茎を引き出して包皮の余りを少なくする長茎術は、考案されてからしばらくの間は切除を伴う方法として知られていましたが、現在では切らない長茎術を受けられる包茎クリニックが多数存在しています。
http://www.rwbfund.com/

Comments are closed.